ベトナムストックは10年前の中国ストック?

今回は、ベトナムストックについての話題です。

ベトナムストックが10年前の中国ストックと同じだと言う声が挙がっています。
と言うのも、現在ベトナムは発展途上ながらとても労働力が高く、人件費の安さと相成って世界各国から生産工場の設立が成されているんです。
これは、かつて工場大国ともいわれていた中国と類似しています。

中国も、その圧倒的な人口と労働力を武器に世界各国から仕事を集め、現在では高度成長期に発展しました。
その影響で中国ストックは急騰し、僅か5年で6倍にまで膨れ上がったんです。
また、ベトナムストックにも同じ現象が起こるといわれています。

実際、ベトナムストックのストック価はここ数年で劇的に上昇しました。
ここ1年はやや頭打ちの感がありますが、まだまだ上昇の余地は十分あります。
ベトナムが今後順調に発展し、高度経済成長を果した暁には、中国ストックに勝るとも劣らない勢いを見せ付ける事になると思います。

今ベトナムでは、半導体における世界最大手であるインテルが最大規模の工場を設立する計画が立ち上がっています。
これに代表されるように、世界の大企業がこぞってベトナムの労働力に投資しているんです。
その波は日本にもおよび、これまで中国を中心に工場を設立していましたが、次第にベトナムの労働力をアテにしようと言う動きが強まってきています。

ベトナムストックが今後、飛躍的にそのストック価を上げ、10年後には現在の中国ストックのような存在になっている可能性は否定できません。
この波に乗り遅れないよう、しっかりと検討しながら、ベトナムストックの購入について考えましょう。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック