ベトナムでのベトナムストック口座開設方法

今回は、ベトナムストックについての話題です。

ベトナムストックを購入するに当たって、ベトナムの証券会社に口座を開く場合、その手続きは日本でもできるでしょうが、現地であるベトナムで直接行う事もできるでしょう。

どう言った手続きを行うかは証券会社によって違うので、ここではいくつか例を挙げて説明したいと思われます。

まず、SSI証券で口座を作成する場合は、パスポートと資金の準備、そして書類作成の為の個人情報の連絡をあらかじめしておく必須があります。
個人情報に関しては、名前、性別、メールアドレス、現住所、郵便番号、電話番号、FAX番号(任意)、パスポート番号、パスポート発行日、パスポート有効期限日、生年月日をそれぞれローマ字で連絡する事になります。
これらの用意が終わると、今度は現地での契約となります。
一通り説明を受け、あらかじめ連絡しておいた個人情報によって作成された書類にサインし、日本国総領事館とBIDV銀行に赴いたならば手続き完了です。
所要時間は大体3時間程度のようです。
ただし、事前に証券会社にアポイントメントを取る必須があります。
口座開設までに掛かる日数は混み具合によって2週間〜2ヶ月とまちまちです。

VDSC証券の場合は、その日現地で個人情報を紙に記載し、それを元に作られた証券仲介取引合意契約書、証券取引コード取得申請書、外国人個人投資家情報開示書、署名見本登録書、銀行の口座開設申請書、銀行の証券取引口座開設認証申請書、銀行への委任状と言った必須書類にそれぞれサインするのです。
さらに、今後の取引に必須な売買伝票にサインするのです。
後は、説明を受けて、領事館の承認許可の書類を作成し、その後銀行で口座を作成し、領事館へ移動して書類を提出すれば手続きは完了です。
資金はこの際に支払います。
口座開設には2週間〜2ヶ月が必須です。

ベトナムストックの口座を作る場合、現地まで行って手続きを行う一番のメリットは、時簡短縮です。
日本だと、問題がある度に問い合わせのメールを送り、その返送に数日、最悪数週間を要するので、開設までかなり時間が掛かるケースがあります。
それに対し、現地まで行けば、ます一日で終われます。

ベトナムストックの口座開設を考えるなら、現地での手続きも視野に入れておきましょう。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック