ベトナムでのベトナムストック口座開設にかかる費用

今回は、ベトナムストックについての話題です。

ベトナムの証券会社でベトナムストックの口座開設を行う場合、現地のベトナムに赴いて口座開設の手続きを行う方法と、日本国内で行う方法の二つがあります。

ベトナムでベトナムストックの口座開設を行う場合は、いくらか費用が掛かる事を念頭に入れておく必須があります。
どれくらいの費用が掛かるかはベトナムストックの証券会社次第ですが、ここではSSI証券とBSC証券についての必須経費をご説明するのです。

SSI証券では、まず初めの保証金として10,000ドル準備する必須があります。
そして、最低保証金として1,000ドルは常に必須となります。
また、口座開設料として200ドル、口座維持料として毎月100ドルがそれぞれ必須です。
加えて、公開ストックの仲介手数料に取引額の0.5%、未公開ストックの仲介手数料に取引額の1%が必須となります。

IPO/OTCを申し込む場合、手数料として200ドル準備しなければいけません。
これらのほかにも、日本語サポートを受ける場合は、口座維持料25ドルを毎月支払う必須があり、証券口座を閉鎖する場合にも手数料として100ドル支払わなければいけません。
ただ、頭金に関しては、支払うのではなく準備するだけで、このお金は手数料ではなく自分のお金として使う事ができます。

BSC証券の場合、まず単独で証券倍者に行く場合と、ツアーで行く場合で料金が変わります。

単独で行く場合は、日本国総領事館に240,000ベトナムドン、BSC証券へ400,000ベトナムドン(合計約4200円)を支払う必須があります。
ただし、領事館での認証受取を自分で行い、BSC証券へ持参した場合は240,000ベトナムドンが返金されます。
そして、日本語サービスを受ける場合は、180ドルが必須となります。

ツアーの場合は、ツアー代金として100ドルを支払う事で、送迎代を含む全てのフォローがされます。
ただし、日本語サービス料は別途180ドルが必須です。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック