ベトナムストックとは

今回は、ベトナムストックについての話題です。

近年、ベトナムストックと言う言葉を耳にする機会が増えてきました。
ベトナムストックとは、ベトナムの証券取引所に上場して、取引されているストックの事を指するのです。
つまり、ベトナムで売買されているストックと言う事です。

もちろん、今の時代ベトナムに行かなければベトナムストックが買えないという事はなく、日本国内でインターネット上等によって取引ができるでしょう。

そんなベトナムストックが、今何故注目を浴びているのか。
それは、ベトナムが発展途上国だからです。

現在、ベトナムはとても労働力が高く、人件費が抑えられています。
さらに、人口が多く、その6割が30歳以下と、若年層がとても多い国です。
また、近年の教育レベルの上昇により、識字率は100%に限りなく近い数字を残しています。

これが何を意味するのかと言うと、ベトナムの今後の経済成長に大きな期待ができると言う事です。
つまり、国に投資するかみたいなもんです。
ベトナムストックとは、ベトナムそのものをストックと指すようなものと思います。

経済発展を期待した買うわけですから、基本的には長期的な保有を前提とした購入と言う事になります。
よって、短期で利益を得ようという人にはそれほど向いていないと思います。
ところが、将来的に資産を増やしたいと考えている人には、ベトナムストックは最適です。

現在のベトナムは、とても潜在能力の高い国です。
戦後の日本が爆発的な経済成長を遂げたように、このベトナムもそうなる可能性を十分に秘めています。
ベトナムストックとは、夢を買うと言う側面もあるんです。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック