ベトナムストック会社の今後

今回は、ベトナムストックについての話題です。

外国ストックの中でも、中国ストックに次ぐ評判で注目を集めているのがベトナムストックです。
ところが、ベトナムストック会社の少なさに驚く人も数多いかと思われます。
と言うのも、ベトナムは社会主義共和国です。
ですから、企業の多くは「国営」なため、ベトナムストック会社の数が少ないんです。

とは言え、現在ベトナム政府が進めている計画は、今後益々ベトナムストック会社を増やし続けると言う意向になっており、現在ある国営企業の内の八割近くはストック会社になるといわれています。
ところが、ストック会社になったすべての企業が上場されているわけではありません。
上場している企業はほんの一部で、それ以外のストック会社は、現在のところは市場外の取引となっています。

ベトナムストックの市場外取引は、非公式ではありますが、厳格なルールの下とりおこなわれているので、証券取引所で上場されているものと同等の扱いがされています。
政府もこのような市場を放っておくわけがありませんから、統制された末、これらのたくさんの企業が上場を果たすのは間違いありません。
となると、上場企業の数も一段と増え、ベトナムストックは豊富な銘柄に益々活気付くと見込みされます。

そして、外国人のベトナムストック保有率を、30%から49%に引き上げられたのを見ても分かる様に、外国人投資家に対する規制を緩める可能性も十二分あります
現在のところ外国人投資家のベトナムストック保有率は全体の二〜三割と言った所ですが、今後益々ベトナムストック会社への投資はさかんになる気配と言ってよいでしょう。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック