ベトナムストック投資の醍醐味

今回は、ベトナムストックについての話題です。

世界の投資家達が注目してきた「BRICs」(中国・ブラジル・インド・ロシア)の四カ国に続いて、今では、「VISTA」と呼ばれる新興国の評判が高まっています。
「VISTA」とは、ベトナム・インドネシア・南アフリカ共和国・トルコ・アルゼンチンの五カ国の頭文字から名づけられたもんです。
この中でも、特にベトナムストックについては代表的な存在で、世界各国からの投資が集っています。

ベトナムストック投資の醍醐味はなんと言っても、経済成長率の良さです。
短期間の間に、経済成長率が7%と言う上昇率は、世界でも他に例を見ることができません。
WTOの加盟国になったことも受けて、益々投資が集中しているんです。

とは言え、ベトナムストック市場は誕生してまだ日が浅いため、上場企業の数は増えているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。
今後益々増え続けるといわれていますが、現況では、ベトナムストック投資は、数少ない上場企業の中から選んで・・・と言うことになります。
がところが、上場企業が少ない分、時価総額も少額です。
と言う事は、一ストック当たりにしてみると、ストック価も安いことになります。
よって、ベトナムストック投資は少ない資金で、たくさんの銘柄が購入できると言うことに繋がるんです。

ベトナムストックについては、まだまだスタンスの長い投資と言うことになりますが、成長性からは目が離せないものには違いありません。
ただ、日本以外の外国人投資家はこの状況をどのように分析するのか?にも課題は残るみたいです。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック