ベトナムストックノーロードファンドについて

今回は、ベトナムストックについての話題です。

ベトナムストックについて調べてみると「ベトナムストックノーロードファンド」と言う文字を目にするのです。
ベトナムストックノーロードファンドとは、なんのことでしょうか?
ノーロードファンドを英語で書くと、「No-load Fund」となります。
要するに、普通だとベトナムストックの取引にかかる手数料が発生するのですが、その手数料がかからないものと言う事になります。

普通ならば、ベトナムストックを購入する時、解約する時、買取する時等に手数料が発生するのです。
その手数料を一切払わなくてもよいわけですから投資家にとっては大変醍醐味的なもんです。

ノーロードファンドは、欧米あたりでは一般的になって来ていますが、日本ではまだまだ制限がされています。
ベトナムストックノーロードファンドを取り扱っている所も殆どありません。

ベトナムストックノーロードファンドであっても、勿論、分配金はあります。
年に一回に決済が行われ、必須経費を差し引きした分が分配金として配られます。
ただ、取り扱い機関によっては、分配金に重点を置くと言うよりは、長期的な保有をすることにより、契約期間終了時にたくさんの利益を出せる方に重点を置くところもあります。
投資スタイルに違いがあっても、利益はきちんと還元されることには違いはないようです。

ただ、ベトナムストックノーロードファンドにも勿論危険性は伴います。
これは、他の外国ストック同じように、為替危険性であったり、カントリー危険性であったりです。
ノーロードファンドだからと言って、飛びつく前に、事前に重要事項のチェックはきちんとしておきましょう。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック

ベトナムストックの評判の秘密

今回は、ベトナムストックについての話題です。

ベトナムストックの取引は「ホーチミン証券取引所」と「ハノイ証券取引所」の二箇所で取引がされます。
ホーチミン証券取引所は、2000年7月、ハノイ証券取引所は2005年8月に開設されました。
これを見ても分かるように、ベトナムストックは、開設されてまだまだ日が浅い市場で取引がされています。

上場している企業の数も、両方の取引所を合わせても200社あまりで、時価総額においては、日本の240分の1と言う規模しかありません。
まだまだ小規模なベトナムストックですが、投資家の間では大変注目を集めているストックとなっています。
それにはいくつかの理由が挙げられます。

とにかく、ベトナム政府の動きです。
先ほども述べたように、ベトナムストックは、上場企業が現在ではまだまだ少ないですが、2009年を目途に770社の上場をベトナム政府は計画しています。
ベトナムストック市場での上場企業が1000社を超えるのも、そんなに遠い未来ではないと考えられます。
同時に、ストック時価総額も短期間に現在の10倍とも言える数字に拡大すると見られていますから、この勢いに投資家達が目を向けない訳がないんです。

ほかにもベトナムストックが注目される理由として挙げられるのは、中国ストックの存在です。
外国ストックにおいて、現在一番の評判の中国ストックですが、やっぱりストックと言うものは、どちらにどう動くかわからない取引です。
そこで、投資家達は分散投資で危険性を最小限に留める事を考えます。
その分散先として、ベトナムストックに投資する動きが劇的に拡大しているんです。
posted by jhdpt at 01:01 | ベトナムストック